カテゴリー別アーカイブ: ガス設備

ガス配管サイズの選定について

ガス配管サイズも給水配管と同様に圧力損失を計算しながら決定していくのですが、この計算についてはガス会社が責任を持ってしてくれるのでこれについてはお任せしています。

ですが設計されてあがってきた図面の配管サイズが適正なのかある程度判断できなければチェックができません。

halfway さんによるphoto ACからの画像

ガスメーター接続配管サイズを利用して考える

そこで、ガスメーターへの接続配管サイズを配管選定の目安として利用しています。

本来、煩雑な計算が必要なのですがこの方法を使えばおおよその配管サイズを簡便に求めることができます。

まずガスメーターサイズとガス流量の関係の表とサイズを求めるガス配管のモデル図面を下記に示します。

ガス設備とその設計 を参考に筆者作成
ガス配管サイズモデル 筆者作成

では上記表の数値とモデル図面より実際に配管サイズの選定を考えていきます。


A-B間の配管サイズについて

使用機器すべての合計のガス消費量に対するガス流量となる

合計のガス消費量は

52.3+34.9+7.5+2.5+2.5+14=113.7kw

113.7kw × 860kcal/h/kw =97782kcal/h

ガス流量は 97782kcal/h ÷ 10250kcal/h/m3/h = 9.54m3/h

上記の表より9.54m3/hの時は10号メーターで接続配管径32Aとなり A-B間の配管サイズも32Aとなります。

B-C間は ガス消費量合計99.7kwより上記と同様の計算でガス流量に換算すると8.37m3/h となります。

表の設計流量6.01〜10.0以下の範囲なので32Aとなります。

同様に計算していくとFまで32Aとなります。

最後のF-G間が52.3kwなので流量に換算すると4.39m3/hより表の1.01〜6.0以下の範囲なので20Aとなります。


選定されたガス配管サイズがおかしいと思ったときは

このように簡易的な計算でおおよその配管サイズを判断していくことができます。

冒頭でも述べたように本来は圧力損失計算をして配管サイズを決めていくのですが設備工事全体を管理するような立場の場合はそこまでの計算はしなくてもよいです。

過去に一度だけ、ガス屋さんが選定してきた配管サイズが異様に大きいサイズで、見積も高額となってしまっていた現場があり自分で教科書を見ながら計算をしたことがあります。

ガス屋さんから配管サイズ選定の計算書を提出してもらい、自分の計算と比較しながらこんなに太いサイズになるわけがない、とツッコミを入れて結局、配管サイズを修正してもらいました。

でも、後にも先にもそのようなことはその1回だけです。

その時はたまたまレベルの低い担当者にあたってしまったのかもしれません。

そして、そこまでガチンコの計算はしなくても上記に示した考え方で計算した配管サイズで話をしても十分に打合わせはできますので、おおよその配管サイズを知りたいときには上記の方法を参考に計算してみていただければと思います!

ガスマイコンメーターの機能などを紹介

住宅や店舗にガス設備がある場合は必ず設置されているガスメーターですがガスの使用量を計測するのはもちろんのこと、他にも機能があります。今回は都市ガスのガスメーターをメインにしてその種類やサイズなどについて説明していきます。

stevepbさんによるpixabayからの写真

ガスマイコンメーターの機能は使用量の計測だけではない

まず、ガスのメーターの外観ですが下の写真になります。

ガスマイコンメーター 筆者撮影

建築や設備関係の仕事に携わっているかたでなくても見たことがあるかと思います。

職人さんなどはランドセルと呼んでいることもあり、厚みもあってゴツい外観です。

16号メーターは300W×215D×422Hなのでちょうどランドセルくらいの大きさです。

ガスメーターですからガスの使用量の計測をして中央部の表示にカウントされた数字が出ます。

その他、安全などに関するいろいろな機能が備わっています。

1.遮断機能

合計流量オーバー、個別流量オーバー : ガス栓の誤解放、ゴム管外れなどメーターの下流に異常な大流量が流れた場合に1分以内にガスの流れを遮断します。

安全継続使用時間オーバー : ガス機器の消し忘れなどによる異常長時間使用の場合の遮断

感震 : 約200ガル(震度5)以上の地震発生時に遮断

圧力低下 : マイコンメーターの上流(ガスが入ってくる側)のガス供給圧力が30mmAq以下になった場合に遮断

外部信号入力 : 都市ガス警報機や不完全燃焼警報機などとの連動遮断

2.復帰機能

地震の後にガスが止まってしまうことがあります。

マイコンメーター上側中央あたりの表示ランプが赤く光って点滅していたら感震機能が働いて遮断した状態となっています。

復帰ボタンを止まるまで指でしっかり押す(押し込んだまま2秒間待ってから離す)と復帰します。

ただし、リスク回避の機能として復帰後2分以内にガスが流れた場合再遮断しますので、3分間程度はガス機器などを使用せずに待つ必要があります。

3.警報機能

メーターから先の配管での少量漏れや口火を連続使用した場合など30日間連続してガスが流れ続けた場合にガス漏れ警報を表示します。

常時口火を使用する場合は誤警報防止のため口火流量を登録することが可能です。

ガスマイコンメーターのサイズとメーター番号

マイコンメーターのサイズについて製造メーカーの愛知時計電機㈱の製品を参考に紹介します。

愛知時計電機㈱リンク https://www.aichitokei.co.jp/products/gas/

1~6号までは家庭用に取り付けられていることが多いです。マンションのPS(パイプスペース)の点検口を開けると水道メーターとこの1~6号のガスメーターが見られると思います。

家庭用に取り付けるガスメーターは4~6号あたりです。広い家で給湯器が2台付いていたりすると10号の家庭もあるかもしれません。

メーターひとつひとつにメーター番号があてがわれています(この番号はガス料金の明細などに記載されるお客様番号とは異なります)。

上の写真のようにメーター番号はメーターに添付されているラベルの9桁の番号で確認できます。メーター番号の上に記載されているNS16というのは遮断機能、通信機能付きでサイズは16号であることを意味します。

新規案件の現場調査で入った空きテナントにガスメーターがポツンと残されていることなどがよくあります。

メーター番号を確認して、その後の工事などの相談時に東京ガスなど地域のガス業者へ伝えると話がスムーズに進むので建築、建築設備関係者のかたは現場調査時にこの番号をメモする癖をつけておくとよいと思います。

ガスメーターのサイズ選定の考え方

ガスメーターサイズの選定について簡単に説明しておきます。

まず、その住居や店舗で使用されるガス消費量の合計を確認します。この数値は給湯器や厨房機器などガス消費機器の種類および台数で決まります。

ガスメーターサイズ選定の計算例を示します。


40坪程度のレストランに下記のガス機器(それぞれのガス消費量(kw)も記載)が設置されていると想定した場合

・24号給湯器 52.3kw 1台

・ガスコンロ 40.0kw 1台

・ガスフライヤー 15.0kw 1台

ガス消費量の合計は52.3+40.0+15.0=107.3kw

消費量の単位をkcal/hに直します

107.3kw × 860 = 92278kcal/h…①

ガス流量1m3/hあたりのガス消費量は10250kcal/hなので

①より 92278 ÷ 10250 = 9.0m3/h

メーターの1号あたりが1m3/hなので9.0m3/h以上の流量で使用できるメーターサイズとして10号メーターを選定します。


ガス消費量は1m3/hあたり10250kca/hに切り替わるころ10年以上前の話ですが

メーターサイズの選定について、こちらで計算して東京ガスの担当者に、このサイズでいいですか?

と相談したら今は10250kcal/hで計算しているのでそれだとだめかもしれないという話が出てきました。

以前はガス消費量は1m3/hあたり10250kcal/hではなく11000kcal/hで計算していました。

10250kcal/hでは今までより同サイズのメーターで使用できるガス消費量が少なく算出されるからメーターサイズや配管サイズが大きくなってコストアプップではないのか、とちょっとクレームをしたのを覚えています。

結局、同時使用率を調整することでメーターサイズを大きくすることは避けるよう調整してくれました。

あと、昔は16号メーターがなくて15号メーターでした。

なぜ15号がなくなったかというと10号メーターと15号メーターが聞き分け難かったからです。「じゅうごう」と「じゅうごごう」確かに当時は混同されないように慎重に発音していた記憶があります。

ということで最後は昔話になりましたが建築や設備関係の方は営業トークの雑談ネタにでもしていただければと思います!