ポカホンタスからの大陸開拓のリアルについて

前回ポカホンタスを観た感想を書き始めたらアメリカ大陸の発見以降、西洋人がどのようにその勢力を世界中に拡大していったのかという話に脱線しました。そのまま話が長くなってしまったので一旦中断、今回はその続きです、もうしばらくお付き合いください。

ポカホンタスがいたのは17世紀初頭

で、ようやくポカホンタスが登場する17世紀の初頭1610年頃の話です。場所はアメリカ大陸のヴァージニア植民地での話になりますが現実においては、ポカホンタスはイギリス人に捕われて人質として過ごしていました。そしてキリスト教へ改宗しイギリス人と結婚したそうです。この結婚は一時的にポウハタン族とイギリス人入植者との間に平和をもたらしたようで美談として現在も語られているようです。この話がポカホンタスの映画の元ネタということだと思います。この辺の話はWikipediaに書いてある話を参考にしました。

ポカホンタスはイギリスに来て夫のジョン・ロルフと共に当時の王室のジェームズ1世に謁見して1年間程度イギリスに住んでいたようです。またアメリカに帰る途中の船で病となり23歳という若さで亡くなってしまいます。天然痘、結核などと言われていますが資料により異なるようです。おそらく西洋人からの感染によるものと思われます。抗体を持たない新大陸の先住民は天然痘やチフスなど西洋人が持っていた感染症で死んでしまう確率は高かったものと思われます。

17世期の初頭はまだ入植者の数がそこまで多くなかったのか、イギリス人入植者を受け入れようと食糧を分け与えるるなどインディアン側の譲歩もあったようなのでポカホンタスのような美談(だいぶ美化されているのかもしれませんが)が生まれる素地はあったようです。

しかし、西洋人はインディアンを人質にとって食糧を要求するなどせっかくの好意を無駄にするようなこともしたようです。仁義というものがまったく通用しない仁義なき闘いですね…こういう負のエピソードは隠されてしまいがちです、全ての西洋人がそうではなかったとも思いますが。

植民地の拡大とアメリカの独立

そして、時は過ぎて18世紀。フランス人と争うようにアメリカ大陸への入植者を増やしていくイギリス人。ヴァージニアを皮切りに現地の先住民を虐殺、略奪し奴隷化していきます。カロライナではインディアン奴隷売買が一大産業となり盛んに行われるようになりました。イギリスはフランスとのアメリカ大陸における利権獲得のための植民地戦争に勝利します。世界中の植民地から得た潤沢な利益によりイギリスは技術革新を成し遂げ産業革命に至ります。

この産業革命は大量生産、大量消費の現代社会の形成の発端となりましたが、それまでよりもさらに多くの資源と製品消費地を必要とするようになります。イギリスはフランスとの植民地戦争には勝利しましたが多額の戦費が財政を圧迫します。このあおりを受けてアメリカ植民地への課税の増税が決まりましたが現地のアメリカ植民地の入植者達はこれを拒否、アメリカ独立戦争が起こります。そして1776年にアメリカは独立宣言をしました。

この頃、アフリカからの南北アメリカへの奴隷貿易が盛んに行われていました。船底にすし詰め状態で奴隷を乗せ糞尿はそのまま垂れ流しの劣悪な環境でした。疫病が流行って亡くなってしまう奴隷もいましたが亡骸は海に捨てられ、船主は積荷の保険金を保険会社に請求するだけでした。また、独立国となったアメリカ合衆国はインディアン保護のために300を超える条約や協定を結びましたが、現地の入植者達はこれをほとんどは守ることはなく民族の破壊は続きました。

19世紀、1820〜30年代に合衆国最高裁判所主席判事ジョン・マーシャルは合衆国憲法に定められた自然権を根拠にインディアンの土地権と自治の資格をある程度認める判決を出しました。しかし当時のジャクソン大統領はこの判決を拒否し、ジョン・マーシャルが判決したのだから彼に判決の執行をさせてみようではないかとうそぶきました。さらにインディアン強制移住法が制定されインディアンは人間の住めないところと言われたミシシッピーの西の保留地へ移住させられます。

こうあれば良かったという理想形

フロンティアの男達はそんな人の住めないと言われている土地でさえ金鉱が発見されるとすぐに奪い取りました。彼らはインディアンの土地を奪って西へ西へ進む、これこそ「マニュフェスト・ディスティニー」つまり天から与えられた明白な使命だと言ってこの行為を正当化しました。

大陸の開拓の歴史をざっくり書きましたが、これらの歴史をある程度知ったうえでポカホンタスを観たときに何を感じるでしょうか。インディアンがイギリス人をはじめとする西洋人に破滅の道をたどらされたことは間違いありません。

ポカホンタスの物語りでは殺されそうになる西洋人のジョン・スミスをポカホンタスが身を投げ打って守り、ポウハタン族の首長は西洋人との争いを避ける決断をしました。そして、西洋人はポウハタン族の土地から去っていきます。

しかし、現実において西洋人はヴァージニアから去っていません。ヴァージニアを起点にインディアンの土地を徹底的に奪い、民族を破壊してきましたから、この物語においてはせめて、こうあれば良かったという理想形を描いたのかもしれません。

ジョン・スミスはポカホンタスに一緒にイギリスにくるようお願いしますが、ポカホンタスはその地に残ると言います。ジョン・スミスとの恋愛よりも家族やその土地とのつながりを優先しています。

これは男女の恋愛ストーリーとしてはハッピーエンドではありませんがリアリティは感じます。ポカホンタスがイギリスに行って幸せに暮らしましたとさ、とはならないしそれをやってしまったら歴史をある程度知っていたらシラけるだけでしょう。そんな(西洋人にとって)都合の良い話ってあるの?ということです。

ポカホンタス2というのもあるようですが、まだ観ていません。ポカホンタスがイギリスに行くというストーリーのようで、これ観てしまったらせっかくの好印象が壊れそうな気がしていますがどうなのでしょうか。また観てしまったら感想書くかもしれません、そしてまた長くなるかも…。

ポカホンタスはディズニー映画の中でもシリアス度MAX

子供がテレビばかり見ています、ステイホームを無駄に満喫している様子ですが、さすがに見過ぎでしょと思いつつ子供が見ているテレビをその後ろから見てしまうという…。

リアルに描かれる登場人物達

先日、ポカホンタスを見ちゃいました。これ25年前の1995年の作品です。ディズニー映画というと登場人物はディフォルメ化されていて頭が大きくてかつ目が大きく描かれている場合が多く、そういう描き方をした方がキャラクターが可愛いく見えるし、子供たちも親近感を抱くからそうしているのだと思います、これ私のまったくの予想でしかないのですが。

 ポカホンタスに出てくる登場人物は他のディズニー映画と比較してディフォルメ化の度合いが低いと感じました。現実の人間と同様の7から8頭身程度でしょうか、頭を大きめにディフォルメはしていない様子です。目もそこまで大きくはなく成人の大人は大人として、人間そのままの形で描かれています。ディズニー映画では必ず出てくる動物たちですが、これだけはいつものディズニー映画と同じようにディフォルメされていてアライグマ?とハチドリとパグ犬?はかわいい感じになってました。やけにリアルに描かれた人間とのギャップに最初は若干の違和感を覚えましたがすぐ慣れました。

インディアンの女の子が主役で恋する相手が西洋の白人という設定の時点で何も起こらないはずがない。アメリカ大陸の美しい自然と若くて綺麗なポカホンタスが描写される一方、イギリスからの入植者が海を渡る様子も描かれます。インディアンという先住民族を殺し、制圧して現在のアメリカが成り立っているという歴史を知っているとしたら物語の序盤から不穏な空気しか感じない展開です。ディズニー映画の中でこんなに不穏な空気感を醸し出している作品は他にはないはず。インディアンと西洋人の恋愛を描くこと自体、ディズニーにとってもかなりリスクの高い仕事であったことは間違いないはずです。

 イギリス人の入植者達がポウハタン族の土地に入り込んで金の採掘を始める、実際は金などその土地では出ないのに。当然、ポウハタン族の男達はイギリス人の偵察を始める。そして、あいつらは人の土地で何をしているんだ、けしからん!となる。

 一方、イギリス人入植者の中でも好奇心旺盛で仲間思いで人望の厚いジョン・スミスは単独行動で新しい土地の自然を満喫しているところでポカホンタスと出会います。そしてお互いに惹かれあっていきます…。この物語は実話に基づいているらしいですが、この出会いのシーンはフィクションだなと思いました。ちょっとネットで調べたら、ジョン・スミスがアメリカ大陸に着いた頃ポカホンタスはまだ10歳程度だったようなので映画で描かれたようなロマンスは実際には無かったようですね。

 そして、いろいろあった後、ポカホンタスの婚約者ココアムがジョン・スミスとポカホンタスが熱くキスしているのを見てしまい発狂→ジョンスミスに襲い掛かる→それをさらに外側から見ていたジョン・スミスの友達が銃で撃つ→ココアムに弾当たる→ココアム倒れる→ココアム死んじゃう、のですがこの一連のシーンは見応えかなりあります。普通のディズニー映画だったらキスシーンは主人公が幸せを掴んだ象徴となっていることが多いですが、ポカホンタスではキスシーンからのこの一連のシリアスな展開です。ココアムが嫉妬心に駆られて木陰から飛び出して襲いかかるシーンはアニメとは思えないリアリズムを感じます。逆にアニメだからあのような象徴的なシーンに仕上げることができたのかもしれません。あれを実写で役者に演じてもらっても、あのようなシーンにはならないはず。

大陸開拓のリアル

劇中に出てくるスペイン人は黄金で大儲けをしたという話しですが、中南米に入り込んだスペイン人のコルテスとピサロの話しなのかなと思いました。西洋人によるアメリカ先住民インディオに対する侵略と言える話しです。概要を紹介しておきます。

1492年にコロンブスがアメリカ大陸を発見して以降、1521年にはスペイン人のコルテスによってアステカ帝国が滅ぼされました。当初はアステカ帝国の兵力が圧倒的に上回っておりスペイン軍は敗走寸前でしたがいつまでたってもアステカ軍による最後の総攻撃が始まらない。時間を稼ぐことでコルテスは体勢を立て直しアステカの首都テノチティトラン(現在のメキシコ市)へ乗り込んだときに見たものは何者かにすでに襲われ壊滅した街の様子でした。スペイン人が持ち込んだ天然痘による死者で街が埋め尽くされていたのです。こうしてあっけなくアステカ帝国は崩壊し、コルテスは膨大な財宝を略奪することに成功しました。

1533年にこちらもスペイン人ですが、ピサロによってインカ帝国が襲われました。中米、アステカ帝国から入り込んだ天然痘は1525~1526年までには南米まで達しておりピサロがインカ帝国に入ったころにはその人口の急減により政治基盤は崩壊寸前の状態だったようです。従軍司祭バルデルベはインカ王のアタワルパにキリスト教への改宗を求めるが王はこれを拒否します。するとバルデルベはピサロに「あのような者たちと議論しても仕方ない、やっつけなさい。ピサロとその兵士はこれからの流血に対するいかなる責めからも神の名において免ぜられる。」と叫びました。そしてインカ帝国の貴族を含む数千人が殺害され、アタワルパは捕らえられました。アタワルパはピサロへ黄金の財宝を渡す代わりに釈放を願い出ます。そして財宝がピサロの元へ運び込まれましたがピサロは約束を守らず、釈放はしませんでした。バルデルベが正義の名による裁判というもので彼を裁いた結果、一夫多妻・人民殺害等の罪という訳のわからない罪名による死刑が言い渡されてしまいます。火あぶりに処すということに決まりましたがバルデルベ司祭はキリスト教に改宗するのであれば苦痛の少ない絞首刑にするということで最終的にアタワルパはキリスト教に改宗したその後すぐに絞首刑に処せられます。その後はもうスペイン人のやりたい放題で、天然痘やチフスが免疫を持たないインカ帝国の民の間で大流行して多くの人が亡くなる中で生き残った民は金鉱を掘る作業に奴隷として従事させられました。その重労働によってさらに多くの人が命を落としていきました。

以上が過去の歴史においてスペイン人が中南米で行ったことで当時、現地に赴いてこれらの行為を見たスペイン人の司教ラス・カサスが問題として50年にわたり現地人の窮状を訴え続けていました。

ポカホンタスから話が脱線してしまい、しかも長くなりそうなので一旦ここで今回はおしまいにして次のブログでアメリカの大陸の開拓とポカホンタスの実話も絡めて話せればと思います。

新型コロナ騒動を考察してみる

グラフを見ながら現実を直視

各国の死者数と日本のそれのを見ていていろいろ思うことがあります。

各国の百万人あたり死者数推移
6/7時点の百万人あたり死者数

英オックスフォード大学が運営するOur World In Dataから提供されている新型コロナに関する統計情報を参考にします。各国の死者数の推移を調べてみました。死者数をそのまま比較しても人口の違いがあり比率がわかりにくいため百万人あたりの死者数の推移のグラフで検証します。

United Kingdom=イギリスは100万人あたりの死者数6/7の時点で596.07人です。これに対して日本は7.24人です。推移のグラフを見てもわかるように日本の数値は他国と比較して圧倒的に少ないためグラフの形が地を這うミミズのようになってしまっているという…。3月の中旬から下旬にかけてアメリカやイタリアの死者がうなぎ上りで増加していた時は、これはもしかして日本もヤバいのではないかと一瞬思いましたが欧米の国とグラフの傾きがまったく違うのを見て4月の頭頃には、ちょっと日本は違うなと考え直しました。多くの人が同じように気付いたはずだと思ったのですが現実は違いました。世間の多くの方はロックダウンや緊急事態宣言を求めました。そして4/7から5/25まで緊急事態宣言は続き経済活動は急激にブレーキをかけられ解除後もまだ自粛ムードがかなり残る中、多くの企業が倒産しており、生き残った企業も前年比大幅な業績ダウン、今後さらにこの影響による負の連鎖が続きます。深刻な事態が浮き彫りになるのはこれからだと思っています。たぶん夏のボーナスはコロナ前の成績で判断なので出る企業はあると思いますが冬のボーナスを出せる企業は減ると思っています。

スウェーデンの結果から考えられること

スウェーデンは緩和策をとってロックダウンは実施せず、50人以上のイベントの禁止や高齢者施設への訪問の禁止などの決まり事以外は市民の判断での感染防止策に任せて、ほぼ普段通りの生活をしながら集団免疫を獲得して収束を目指すという方法を採用した唯一の国です。死者数は百万人あたり6/7の時点で461.02人と欧米の中でも多めの数値となっていますがロックダウンという抑圧策をとったイギリスなどの国との死者数のグラフの形が相似形となっていることからロックダウンをする必要性は無かったのではないかということも言われています。

これを認めてしまった場合にロックダウンや緊急事態宣言発令などの政策をとった国の指導者はそれによって起こった景気後退の責任を取らなければならない可能性もあるし、これだけ国民にステイホームの対応を要請して我慢を強いておいて、今更意味がなかったとはなかなか言えないはずですがグラフを見る限り、ロックダウンや緊急事態宣言によるさまざまな活動自粛の有効性がどれほどあったのか、経済的な損失をこれほどまでに拡大して実施するだけの意義があったかの検証は必要と思われます。

新型コロナの恐怖だけをむやみに煽るメディアが多いと感じています。結局は自分で情報を探して自分で考えて判断するしかないのですが、あまりにも情緒に流された意見が多すぎる気はしています。NHKのニュースや民放のワイドショーなどを見ていると真実や事実を追及するスタンスよりも、ただ世間の論調に無難に合わせていい顔したいだけの人たちが番組を作っているように見えてしまいます、私には。

日本においては新型コロナによる死者は圧倒的に少なくインフルエンザよりも感染力、毒性ともに弱いというのが現実ではないでしょうか。また、スウェーデンの結果からロックダウンや緊急事態宣言の有効性まで問われているという状況です。

なので、自粛ムードはまだ残っていますが、個人的にはもう気にせず普段通りの生活をすればよいと思っています。普通に会社帰りに居酒屋も行けばいいし、キャバクラも行けばいい、パチンコも行きたい人は行けばいい、サーフィンもゴルフも普通に行けるはずです。ネックになっているのはこの自粛をまだ強要しようとする空気感です。これをなんとか変えられないものかと思っていますが時間が解決してくれるのを待つしかないのでしょうか。

Let it beよりLet it goは厳しいよね

白雪姫からアナ雪への飛躍

最近小学校1年生の子供がずっと家にいます。それはなぜか?小学校が休校だからです。ようやく6月から小学校も始まるようですがクラスを3つの班に分けて週2で通うようにして密を避けるとのこと…まだ通常に戻るまでに時間がかかりそうです。

で、子供が家にいる時何をしているか?うちの子供の場合はかなりの時間テレビを見ています。放っておけば3時間くらいずっと見ているので、そんなに見てはダメだとたまに怒りますが怒るとイジけたりします。アニメが大好きでドラえもんとクレヨンしんちゃんは鉄板です。土曜日が待ち遠しくてたまらないようです。アニメの映画もかなり見ていますが一時期繰り返し見ていたのが「アナと雪の女王」です。今も思い出したようにアナ雪を見始めることがあります。特に興味も無かったので一緒に見ることもなかったのですが、あまりにも何度も子供が見ていたので、最初はぶつ切りで目に入っていたストーリーがそのうちつながって全体がわかるようになりました。

思ったのはこれはおもしろい映画だなと、売れるのもわかる気がしました。ディズニー映画だと白雪姫とかシンデレラは有名というか知らない人はいないと思いますが女の子が王子様に見染められて幸せになるというストーリーで、うがった見方かもしれませんが男の権威に女が取り入るということで幸せを掴んでいます、夢ぶち壊し、ストーリー端折りすぎですいません。

アナ雪で出てくる王子様、ハンス王子は実は悪役という設定で、アナを助けるクリストフという男も脇役気味で、真実の愛で雪が溶ける話もクリストフとの愛で…というわけではなく姉のエルサとの愛によって成されます。序盤においては主役級の目立ちかたをするハンス王子が実は悪役というのは最初に見たときには衝撃的でした。

もっと言ってしまうとアナ雪においては男はアナとエルサの引き立たせ役でしかない、男に媚びることもないキャラが男からちょっと助けてもらいながら冒険するし、自分の殻を破って覚醒しちゃったりする。これは現代の女の子による女の子のための物語なんだと、そう思います。もう男に媚びる女性像は古い、権力や容姿で男を選ぶことはない、女の子は女の子の意思で自由に人生の選択をして強く生きていくんだという、そういうメッセージが込められているのではないでしょうか。白雪姫やシンデラの時代からの飛躍はかなりのものです。

ありのままの自分とは

劇中でエルサが自分自身の能力を解放する象徴的なシーンでLet it goという歌を歌います。これ、うちの子も大好きでお風呂とかで大声で歌い始めたりします、歌詞はめちゃくちゃですが…。

日本語バージョンだと「ありのままで」という副題がついていますがよくよく歌詞を聞いてみると、このままじゃダメなんだという動機からのありのままの自分になるという、そういう歌詞です。これけっこう実はツラい状況で現在の自分を受け入れてはおらず、本当の自分は環境などに押さえ込まれてしまって全ては出せていない、ということです。現代の女性の状況を象徴しているようにも感じます。

ビートルズの名曲Let it beもありのままという意味ですが、こちらは今のままの自分でもいいんじゃない?そんなに無理しなくて、というニュアンスが強いと思います。悟りの境地というかいろいろあるけどまあ、今のこの状況を受け入れてやっていきましょうという感じです。

キリスト教徒であるポール・マッカートニーが聖母マリア様からいただいた言葉として歌っていますから、かなり宗教感が入り込んだ厳格ささえ感じてしまう歌です。個人的にはやはりビートルズのLet it beの方が好きかな。なんか聞いていると落ち着きますし…小さい頃母さんがよくレコードで聴いてたのを思い出します。

Mother Mary comes to me

Speaking words of wisdom

Let it be

マリア様は僕のところに来て

素晴らしい言葉を言ってくれたんだ

ありのままでいいんだよって

なんか結局ビートルズいいよねみたいな感じで終わりますが、間違いなく言えるのは現代の要請はLet it beではなくLet it go!です、だからアナ雪はみんなが見る映画になったのだと思います。

裏を返すと現実と理想のギャップが大きい競争社会を象徴しているとも捉えることができます。ひねくれた見方かな…。

とりとめない話ですいません。