空調機選定の考え方 〜1〜

空調設備設計の際に空調機を選定するためにはまず、どれくらいの空調能力が必要になるかを検討する必要があります。

今回は空調負荷 概算値の算出方法について説明します。

業態・用途別の単位面積あたり空調負荷について

空調負荷は日射負荷 貫流熱負荷 外気負荷 照明負荷 人体熱負荷などがあり本来はそれぞれを計算し合算して熱負荷を求めます。

しかし、これらを計算して空調負荷を求めるのは手間がかかるので概算値を知りたい場合は面積あたりの空調負荷を想定して算出する方法がよくとられています。

単位面積あたりの空調負荷はおおよそ以下になります。


業態・用途別の単位面積あたり空調負荷


一般家庭の住居の居室…………………150〜180w/m2

事務所 保育園の保育室
アパレル店舗の売場 …………………180〜250w/m2


喫茶店の客席    …………………250〜350w/m2


レストラン・
居酒屋などの客席  …………………350〜450w/m2


焼肉店などの客席  …………………450〜550w/m2


上記値についてはあくまでも概算のための想定値になりますので日射が直接差し込む室などについては日射負荷をプラスした数値で考える必要があります。

その詳細ついてはまたの機会に説明したいと思います。

面積を掛け算するだけ

あとは空調負荷を知りたい部屋の面積に上記の単位あたり空調負荷の値を掛け算するだけで概算値が出せます。

例えば、家に新しいエアコンを付けたいと思った時は一般家庭の住居の居室、この値を使ってください。

150〜180w/m2ですね。

一般家庭の通常のリビングであれば150w/m2みておけばよいです。縦6m、横4mの部屋の場合面積は24m2です。よってこの部屋の空調負荷を算出する式は

150w/m2 × 24m2 = 3600w=3.6kw

これで空調負荷がわかりました。空調機の品番で例えばダイキンの家庭用壁掛け空調機、ルームエアコンと言われているものですが、の品番で AN36XCS-W や AN36XSS-F などがあります。

品番中の36という数字、これが空調機の能力を表しています。察しの通り36が入っている場合の能力は3.6kwとなります。

算出した空調負荷3.6kwにぴったりの能力の空調機がAN36XCS-W や AN36XSS-F ということになります。

壁掛ルームエアコンAN36XSS-F ダイキンHPより

微妙な面積の場合は?

わかりやすくするために空調負荷と空調機能力が同じになる計算例で説明しましたが部屋の広さが20m2の時は空調負荷の計算結果は3.0kwになります。このような場合はどのように考えればよいか。

やはりこの場合も3.6kwの空調機を選定することになります。基本は空調負荷を上回る能力の空調機を選定します。

ちなみに空調機能力は

2.2kw 2.8kw 3.6kw 4.0kw

5.6kw 6.3kw 7.1kw

この刻みの能力でラインナップされています。メーカーや機種によっては3.2kwがあるかもしれません。

と言っても家庭用空調機についてはこの機種は何畳用です、という売りかたをしているので何畳かわかれば計算は不要なのですが。

自分の家の部屋が何畳かわからない場合や、お店で勧められた機器の能力がはたして適正なのか、ある程度の基準を自分で計算したいという方

納得いく買い物をするために是非、スケールで部屋の縦横の長さを計測して求めた面積から空調負荷を求めてみてください!

次回はどのような場所にどのような形状の空調機を設置すればよいか説明したいと思います。

カミュ「ペスト」日常を愛せない人 コタール

カミュ「ペスト」の登場人物の中に異常な人がいます。ペストが流行している最中は気持ちが安定していたが、流行が終わりそうになるとまだペストの禍いが続くことを祈るかのような発言をします。いつの時代、どこにも、世の中の不幸を喜ぶ人間は存在するようです。

ペスト流行なのに気分上々

「ペスト」に登場するコタールという人物は、はっきりどのような罪を犯したか書かれていないのですが、おそらく、殺人に手を染めています。逃亡している身として描かれますが彼はペストが流行する前に自殺未遂騒ぎを起こします。幸か不幸か知人のグランに発見されてして一命を取り止めます。

オランでペストが流行し始めて人々が混乱する中でなぜかコタールは気分が次第に上がっていきます。彼はペストが流行したことを明らかに喜んでいます。コタールについての描写を読むと彼がなぜこの状況を喜ぶのかわかります。

「コタールのように全ての人々が、ひょっとすると密告者であるかもしれぬと思いながら暮らしてきた人間には、ペストが今日か明日にも彼らの肩に手をかけるかもしれず、ひょっとすると、こっちがまだ無事息災であることを喜んでいる瞬間に、そうしかけているかもしれない、という考えのなかで生活している人々に対しては、こっちも結構仲間同士のような気持ちでいられる。」

要するに自分が置かれた悲しい状況にみんなも陥っている。周りの人がみんな悲しい状況になって自分と同じになった、この状況ずっと続いてほしいな、これがコタールの本音ということです。

現代にもいる世の中の不幸を喜ぶ人

あまりにも考えていることがバカバカしくて呆れますが、わかる気もする心理ではあります。自分自身がうまくいっていないときに幸せそうな人達を見ると羨ましく思うのと似ていると言えば似ています。

このコタールの描写を読んでいるときに私が思ったのは、メディアで新型コロナの恐怖を煽ってきた人達のことです。2週間後には日本もイタリアやニューヨークになりますとか、死者数が急増して医療崩壊するなど予想して外した専門家やコメンテーターはこの騒ぎを煽って楽しんでいるのではないかと。視聴率さえとれれば報道する内容はなんでもいいということなのかわかりませんが、実際、死者が指数関数的に増加したらこの予想をした人は自分の予想に近づいたと内心は喜ぶはずです、表面上は死者が増えたことを悲しむように取り繕いながら。

現実の日本の方がたちが悪いのは、存在しない脅威をメディアが煽り、影響された視聴者が過剰反応し、さらには目立ちたい都知事や県知事などの指導者までがこのブームにのって自粛を呼びかけて経済にブレーキをかけ続けていることです。

騒ぎを大きくしておきたい人達の心の中に何が潜んでいるのかは、わかりません。コタールのように過去に殺人を犯したうしろめたさをかかえているわけではないと思いますが、何がそうさせるのか、本人も気付かないコンプレックスがそうさせているのかもしれません。

カミュ「ペスト」痛烈なキリスト教批判

「ペスト」を読んでいるときに全体を通じて感じるのはキリスト教に対する批判的な思想です。私はキリスト教徒ではないのですが、そこまで言うか、と思えるくらいのセリフも見られます。

パヌルー神父のありがたい?説教

14世紀にペストが大流行した時にキリスト教会への不信が広がりマルティン・ルターの宗教改革につながっていきました。ペストの猛烈な禍いの前にキリスト教という信仰はなすすべもなく、生き残った信者の心を救うことも困難だったということかもしれません。

カミュの「ペスト」でもキリスト教の無力が描写されます、これでもか、というほどに。パヌルー神父はかなり影響力のある神父さんとして登場します。その説教の様子は迫力があり聞きにきている人も雰囲気に飲み込まれていきます。しかし、その内容は懸命に生きたいと考える人間にとっては受け入れ難い内容でもあります。このペストは天から与えられた罰だと説教します、そして運命を受け入れなさいと。

一方で信者たちの中に私達は敬虔なキリスト教徒だからペストなんかにかかるわけがないと本気で言っている人がいます。側から見ればそれらはすべて思い込みでしかないのですが、私達は罰なんか受けるはずがないと、彼らはそう考えているということです。ある意味幸せな人達ですが、人として思想するということは放棄している状態と言えます。

感染症によっては子供はかかりにくいものもあり致死率も年齢別で違いがあったり、いろいろですがペストは大人も子供も関係なく襲いかかる最もたちの悪い感染症のひとつです。この小説中にペストに襲われて死んでしまう子供の様子が鮮烈に描写されます。血清に最後の望みを託して主人公の医師タルーが子供に注射をします。効果は亡くなるまでの時間が少し伸びたくらいのもので、子供が苦しむ様子はかわいそうになります。この描写は読み進むのが辛いとすら感じます、特にまだ小さい子を持つ親としては胸をえぐられるような感覚になります。

たじたじのパヌルー神父、医師リウーは神を信じない

この亡くなった子供に何か罪があったのか、いや何の罪もないでしょう。主人公の医師であるリウーはパヌルー神父に怒ったように言います「まったく、あの子だけは、少なくとも罪のない者でした。あなたもそれはご存じのはずです!」

パヌルーは言います「どうしてあんなに怒ったような言い方をなさったのです。私だってあの光景は見るにしのびなかったのですよ」

「どうも済みませんでした。もう一度おわびします」「あんな癇癪はもう二度とおこしません」リウーは言いました。

まあ、確かにパヌルー神父にそんなに怒っても意味はないので、かなりリウーも取り乱していたということですが、このやり取りかなりシリアスな場面なのにちょっと笑ってしまいました。でもリウーは最後に強烈なセリフを放ちます。

「僕が憎んでいるのは死と不幸です。それはわかっているはずです。そうして、あなたが望まれようと望まれまいと、われわれは一緒になって、それを忍び、それと戦っているんです」

リウーは神は信じていないこと、死を罪として受け入れることは一切拒否して戦う意思を明確に示しています。強烈なキリスト教へのアンチテーゼを示します。カミュはこの小説のひとつの大きなテーマとしてキリスト教批判を掲げていたはずです。でなければここまでのセリフを主人公に言わせないでしょう。なんか、カッコいいなと思ってしまうのは私だけでしょうか。

一方でそこまで神父さんの前で言わんでもいいやんけ、と思う自分もいます。もうちょっとやんわりと言うとかできないものかと。まあ、こういう主張ができるのは、それだけフランス人達は個が強く日本人とは違うメンタルを持っているということかもしれません。

カミュの「ペスト」は読後感がさわやかでした

純文学というものをあまり読むことがなく、作家が繰り出す独特の言い回しなど理解しながら読むのがなかなか難しく感じたりもしますが、カミュのペストは読後感がさわやかでした。

都市封鎖の中で戦う人々

1940年代のフランス領アルジェリアのオランという都市が舞台です。読み始めたときは実話を元にしているかと思いましたがこの話は全編フィクションです。

ペストに襲われたオラン市は封鎖されます。家族や恋人との突然の別離を宣告され、日々死者が増加する中、希望を見失ってしまい自暴自棄になってもおかしくない状況の中で戦う人々の姿には凛々しさを感じます。

印象に強く残ったのは新聞記者ランベールの変化です。市が閉鎖された当初はどうやってオラン市から抜け出すかだけを考えている人物でした。彼はもとも市の外に住んでいて恋人と別離状態になってしまったため、なんとしても帰りたいと思うのは自然なことです。

心を優先させたランベール

ランベールは市の外へ出られるよう便宜をはかってくれるという人物に何度も約束をすっぽかされて結局、市の外に出られないことを悟った時に主人公の医師であるリウー達の活動、ペストに罹ってしまった人たちの手当てを手伝うための保健隊と行動を共にすることを決意します。リウーを手伝ううちに彼の考えは変化していきます。彼の中にあった公心が明らかに大きな存在となっていく様が読み取れます。もし彼と同じ境遇になった時に彼と同じセリフが言えるかどうか…。

「もし自分が発って行ったらきっと恥ずかしい気がすることだろう。そんな気持ちがあっては向こうに残してきた彼女を愛するのに邪魔になるのに違いないのだ」

「自分一人が幸福になることは、恥ずべきことかもしれないんです。」

「僕はこれまでずっとこの町(オラン)には無縁の人間だ、自分には、あなたがたはなんのかかわりもないと、そう思っていました。ところが、現に見たとおりのものを見てしまった今では、もう確かに僕はこの町の人間です、自分でそれを望もうと望むまいと。この事件はわれわれみんなに関係のあることです。」

キン肉マンで悪魔超人が正義超人に鞍替えした時に、無性に嬉しくなるあの感じを思い出してしまいました。バッファローマンが正義超人に??のような。

その他にも、この人たちカッコいいなと思える人物、これはイカんなと思える人物、いろいろな個性を持つ人たちが登場する群像劇となっています。

次回ももう少し「ペスト」について語らせてください。